釵読み方

孟光荊釵 (もうこうけいさい). 中國の後漢の梁鴻が妻を選んだという故事のこと。. 「孟光」は人の名前で、梁鴻の妻。. 「荊釵」はいばらでできたかんざしのことで、質素な裝飾品のたとえ。. 梁鴻は妻を選ぶ時に美しい女性ではなく、容姿の醜い孟光を選ん

釵の解説 – 日本漢字能力検定協會 漢字ペディア. 釵. 部首. 金 (かね・かねへん). 畫數. 11 (部首內畫數:3 ). 種別. -. 漢検の級.

「釵」の読み方を表示するページです。他の漢字として 靫、韲、顋、骰、最愛、最悪 などがあります。

「釵」の読み方は?読み方が分からない難読漢字・地名・人名・著名人を検索できる読み方辭書サイトです。

書き方・読み方

釵とは?漢字辭典。 読み方:カンザシ(kanzashi)作者 前田夕暮初出 昭和4年ジャンル 隨筆 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 22:58 UTC 版) 釵(さい)は、琉球古武術で使用される武器の1つである。 釵という漢字は本來「かんざし」の意味で、形がかんざしに似ているの

「釵」の書き順アニメーションや畫數・読み方・関連熟語や異體字・新舊字體情報など。行書體やゴシック體など「釵」の

読み方 漢字畫數 舊字體表示 ぎん-さい ギン-サイ gin-sai 銀14畫 釵11畫 総畫數:25畫(漢字の畫數合計) 銀釵 [読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[舊字體表示]舊字體データがない場合、文字を変更せずに表示しています

釵がイラスト付きでわかる! サイと読む。沖縄の古武術で使われる刃物・打撃武器。 曖昧さ回避 髪飾りの釵(かんざし)は簪を、小説『刀語』に登場する微刀「釵」については日和號をそれぞれ參照。 概要 沖縄の古武術で使われる武器。棍棒の一種といえるが、先端に刺突用の刃がついて

精選版 日本國語大辭典 – 鬘の用語解説 – 〘名〙 (「かづら」とも)① 上代、青柳、アヤメ、ユリ、藻草、稲穂などの種々の植物を、髪の飾りとしたもの。「うず」や「かざし」が枝のまま髪に突きさしたのに対し、髪に結んだり、巻きつけたり、からませたりして用いた。

釵読み方

  • 漢字の「釵」読み方・部首・畫數
  • 銀釵とは 読み方/使い方・用例/例文・合成語など:熟語
  • 簪、釵、鈿、読み方は?
  • 「釵頭鳳」という詩
  • 花見の俳句 30選 -桜狩-

漢字の「釵」についてです。部首・読み方・畫數などです。 漢字検索 部首一覧 畫數一覧 読み一覧 分類 常用漢字一覧 人名用漢字一覧 JIS第1水準の漢字一覧 JIS第2水準の漢字一覧

読み方 [ ぎんさい ] ・類語/同義語 ・意味/定義 銀釵 » 類語データ無し(類語・同義語辭典) 文中検索(小説・作品) 銀釵を含む文書:小説等から検索 ニュース記事 銀釵 » ニュース記事データ無し 連想語/共起語句

読み方が意外だった地名、人名を教えて下さい。 私の場合だと員弁(三重県の地名、読みは、いなべ)水主(愛知県の名古屋市中村區の地名、読みは、みずぬし)、月(たまに人名で見かける漢字で読みは、つき、づき、らいと、るな、ゆえ)、愛(たまに人名で見かける漢字で読みは、あい

春が長けてくると惜春望夏の思い募り、柳暗花明の巷も戀しくなって「山西の村に遊ぶ」を引っ張り出して嘯くこと度々に及ぶ。だが、これは先に書いた(04/27/2006 「柳暗花明」 )。新しい読み方を見つけたというわけでもないので、參照を

花見の俳句 30選 「花見」「桜狩」「花人」が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。 なお、これらは俳句において 春の季語 として扱われます。 (俳句において「花」とは桜の花のことで、「花見」「花人」のどちらも桜に関する季語です。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

Proudly powered by WordPress | Foresight theme designed by thingsym